<   2008年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

全粒粉入り角食 再び

e0131672_21124968.jpg


unaちゃんにもアドバイスをいただき、リベンジしてみました。
U字型の成形にして見たところ、ご覧下さい左側のパン!
今までになく角が出ているでしょう!!
やったー!と思っているのですが、
またまたパンの謎が深まります。

実は、右側のパン。
これも同じようにしたのだけれど、ふくらみ不足。

今回も私は、ホームベーカリーと手ごねでパンを作りました。
実は、成功した?!(膨らんだ)のは、手ごねのほうでした。
単にこね方が良かったとは、考えがたい・・・。

作っている段階でいろいろと違いがあったのです。
考えられるのは、イーストの量。
デジタル計りで計量すると、3gといってもかなり幅があるように思います。
自分では、同じつもりでいたのですが・・・。

それと、こね方。手ごねとベーカリーという違いはあるのですが、
その他にバターを入れるタイミングの違いがありました。
HBは、すべて一緒にいれ、スイッチオンでしたが、手ごねの方は、ある程度こね上がってからバターを混ぜ込みました。
その違いが出たのでしょうか?

1次発酵が終わった生地も手ごねの方が、なめらかで、表面がきれいでした。
これは、HBから取り出すときに、もっとていねいにすればよかったのかな、とも思うし・・・。
成形も、はじめにやったHBの生地より、2回目にやった手ごねの生地のほうが、ちょっと慣れたぶん、上手にできた気がするし・・・・。

最終発酵では、同じ場所で発酵させたにも関わらず、かなり差が出ました。
気付くと、ふたにくっつくほど膨らんでいた手ごね生地に対し、HB生地は、まだ、6分め。
さらに少し待ってから、焼くことにしました。

というわけで、パン作りの謎は、深まるばかり・・・。
単に手ごねが上手になった!と喜べません。
でも、新しい成形を教えてもらい、角食の角がでたことは、とってもうれしいこと。
自己流でパンを焼いている私にとっても役立つコメントをくれるunaちゃんに感謝!!!
ありがとう!
また、挑戦しまーす!
[PR]
by mogoodmogood | 2008-09-28 21:12 | みかさんパン

キッズシェフ★洋食メニューに挑戦!

e0131672_2231125.jpg


お友達のお子さん、小学1年生の2人と一緒にお料理をしました。
メニューは、きのこ入りハンバーグ。ポテトサラダ。野菜スープ。

1年生で、どんなことができるのだろうかとシュミレーション。
切ることをどんどんやってもらおうと、材料を並べ下準備。
はりきって、私の作ったエプロンをしてくれた女の子は、やる気満々!
男の子は、何をするのかわからなかった様子。
でも、お母さんも後からくるから、一緒に食べるよ!というと「本当!」と笑顔になりました。

早速調理開始。たまねぎのみじん切りでひと騒動。
「しみるー!泣けるー!」
「冷蔵庫に入れとくといいんだよー!」などといいながら、
辛そうな2人。
時間もかかるし、目が開けられなくて、作業が遅くなるし・・・。
なるほど、そうだよなあ、シュミレーションが甘かった。いきなり先行き不安です。
さらには、男の子が「いてっ!」
指を切ってしまった様子。
幸い傷は浅く、絆創膏で済みましたが、しょっぱなからモチベーションダウン。
しばらく、ソファーに横になっていた彼でした。
マイペースに楽しそうに調理を続ける女の子。
男の子も復活!たまねぎとみじん切りにしたきのこを炒めます。
ポテトサラダも作りました。
皮をむいておいたジャガイモを乱切りに。
そして、にんじんをいちょう切りに。
切るのは、女の子。合計8人分で、けっこうな量がありましたが、弱音も吐かず、楽しそう!

5時30分から始まった調理は、お母さんたちが帰ってきた7時過ぎまでかかりました。
お腹をすかせた女の子の弟と、うちの息子。
ポテトサラダの味付けをしているキッズシェフの間から、味見をせがみ、それが尋常な量ではなくて、びっくり!お腹が空いていたみたいです。
4歳の二人もハンバーグをこねているのを見て、「やってみたい!!」
ママたちも到着し、みんなで、ホットプレートにハンバーグをのせました。
サラダと、お花型のご飯、そして、焼けたハンバーグを盛り付けて、みんなで「いただきます!」を言う前に、既にかぶりついている子どもたち。
しばし無言で夢中になってたべていた様子。
空腹、自分たちで作ったという気持ち、いろんなスパイスが加わって、とってもおいしいハンバーグになりました。
実は、うちの息子は、きのこが苦手。キッズシェフの二人には、うちの子には、内緒にして、きのこを食べられるようにしようと相談していました。
モリモリかぶりつく姿に、シェフたちは、ニヤニヤ。
作戦大成功です!

みんなでたべることもおいしいスパイス!
小さなシェフ、2人と一緒に料理した私にとっても、いつもとはひと味ちがうハラハラどきどき、でも、わくわくにこにこの楽しい時間になりました!

また、来月、今度は、和食のメニューに挑戦だ!!!
[PR]
by mogoodmogood | 2008-09-26 22:31 | こぱん教室

全粒粉入り角食

e0131672_14413570.jpg


久しぶりに挑戦した角食のはずが、角がない・・・・。
膨らみ不足なのでしょうか?
みかさんのレシピどおりに、最終発酵は、それよりも長く待ってはみたけれど、本のようなできばえにはなりませんでした。
型の八分目というけれど、7分目くらいで焼いてしまった気がする。
今度は、もっと待ってみようと思います。
[PR]
by mogoodmogood | 2008-09-26 14:41 | みかさんパン

リメイクこどもエプロン

e0131672_4242546.jpg


眠れない夜はちくちくタイム。
今日は、素敵なイベントに行って少し興奮したのでしょう・・・。
夜中に目が覚めて作り始めたのは、子どもエプロン。

実は、これは、リメイク作品。
以前、ダイニングテーブルのセンターにひこうと思って作ったものです。
何度か使ってたのですが、ミシンを買ってから、かなり初期の作品。
布を一度洗って、水通しをしてから使うなんてことも知らなかったころです。
洗うと、縮んでよれよれになっていったのでした。
テーブルよりもひとまわり小さくなってしまった・・・。

最近出番が少なくなったこのテーブルセンターをエプロンに・・・!
思いついたのは、子どもと一緒にお料理を楽しみたい!と思ったから。
シミ隠しにボタンとポケットをつけました。
おそろいの布があったので、三角巾も・・・。

今晩、なかよしのお友達親子とお料理をします。
いつも頑張っている働くママのためにシュフもぐこと子どもたちがハンバーグを作ります。
絶対美味しく出来ると思います。
今夜も楽しみです。
[PR]
by mogoodmogood | 2008-09-26 04:24 | 手作りグッズ

自家製酵母のミニバタールとホシノのバターロール

e0131672_14151178.jpg


フランスパンは、長さやクープの数などによって、呼び名が違うらしいです。
今回作ったのは、400グラムの粉で、4本。
バケットよりも短いバタールのつもりでしたが、バタールは、長さが、3、40センチあるものらしいです。20センチほどしかないので、勝手にミニバタールとでも呼んでおこう。

見た目も今までになく上出来!!
最近、ハード系のパンを焼くときにパンマットを使っているのですが、このパンマットに乗せておくことで、適度な水分が保たれでいるらしく、形がよく決まります。
小さいのを一つしか持っていないので、3つしか、マットに乗せることが出来ず。ちなみに、左から3本目のバタールは、これまでどおり、オーブンペーパーの上で2次発酵させたもの。ちょっと、太っちょなのが、わかるでしょうか?
これまでよりも大きく作ったことで、中身のふわふわ部分も多くなり、より食べやすい気がしました。クープは、一つつながってしまいましたが、だいぶんいい感じ。
断面には、小さな気泡もありました!!

もう一つは、ホシノ天然酵母で初挑戦のバターロール。
ホシノのレシピは、あまり知らないのですが、シンプルなものが多いようです。
みかさんのレシピにあったバターロール。牛乳や卵も入って、リッチな生地です。
でも、噛み応えのある食感とは、いかに?!と思い、作ってみました。
成形も楽しく、型紙がついていたので、それと見比べて、生地をのばし、巻いていきました。
ふんわりと空気を包み込むように・・・。
見た目は、まだまだ本のようではありませんが、もっちりとした食感は、イーストのものとは、確かに違う。味わい深い・・・気がする。
また作ってみたいレシピになりそうです。
[PR]
by mogoodmogood | 2008-09-24 14:15 | 自家製酵母

おうちぱんを楽しむ会 vol.5 メロンパン②

e0131672_14475586.jpg


今月からおうちぱんを楽しむ会のメンバーが増え、2班ができました。
ホームベーカリーは、持っているけど、手ごねは、初めて。
パン作りが初めて。と経験は、さまざまです。
メンバーは、同じ幼稚園に通うママさん。お子さんの発熱で残念ながら参加できないママさんもいました。赤ちゃんと一緒のママさん、おうちから出てくるのにも、準備や体力を使うものです。
そんな中、集まってくれたことに感謝!

以前から参加しているメンバーにもサポートをお願いして、
メロンパンを作りました。
工程が多いメロンパンですが、みんなでおしゃべりしながら楽しくできました。
一緒に来ていた赤ちゃんもおりこうで、いろんなママに抱っこされても、ご機嫌にかわいい笑顔を振りまいてくれましたよ。
生地の一部は、ちぎりパンにしました。
断面がふわふわになって美味でした。

いつも道産小麦を使っているのですが、
迷うのが、水分をあたためたほうがいいのか、冷たいままでいいのかということ。
今回は、一つは、あたためで、もう一つは冷たいまま牛乳を入れ、比べて見ることにしました。

気付いたこととしては、あたためたほうが、バターが溶けやすく、生地もやわらかくなり捏ねやすいということ。捏ね上げた後の温度も計ったわけではありませんが、あたためたほうが、やっぱりあたたかかったです。
以前、国産小麦を買ったときに、「水分を1割ほど減らし、冷水を使ってください」と書かれているものがありました。その後、いろいろ試していますが、正直よくわかりません。
今回の実験も、途中から、どちらの生地が冷たい牛乳を入れたのかわからなくなってしまいました。でも、結果的に、どれも見た目には変わらず、いい感じにできた気がします。
なので、どちらでもいいのかしら・・・。
ご存知の方がいたら教えてください!
道産小麦をお使いのみなさんは、どうしてますか?

このぱんの会。もう一つのおたのしみは、持ち寄りの一品です。
今回は、自家製えだまめのスープ。自家製ジャガイモのジャーマンポテト。
地場産ブロッコリーのポテトツナサラダ。
そして、私も我が家の農園でやっと収穫にこぎつけた紫キャベツなどのサラダを準備。
収穫の秋!味覚の秋です!!新鮮なのは美味しい!
枝豆のスープは、豆の味が濃くて、美味でした!!

新しいメンバーが増え、話題も豊富!会が充実してきました!
私ももっといろんなパンが焼けるようになりたい!という気持ちが高まっています。

おうちぱんならではの美味しさを広めたい!共有したい!!そんな気持ちです。
そんな楽しみを共有できる仲間に出会えてうれしく思っています。

自己流な私のぱん作りは、わからないことばかり。
楽しみながら、経験できることは、とてもラッキーです。
これからもそんな時間を大事にしていきたいです!
[PR]
by mogoodmogood | 2008-09-18 14:47 | おうちぱんランチ

fumiさん酵母でクッペとミニフランス

e0131672_12205231.jpg


今までで、一番かっこよくできた気がする!!と喜んでいます。
クッぺを焼くのは、5回目ぐらいかな。
はじめのクッペは、ひどかった・・・。
しょっぱいし、クープは、開かず・・・。
我が家のオーブンがスチームオーブンだということも忘れて、スチームを使わずに焼いていました。繰り返すうちに改善されてきたようです。
今回も生地を捏ねているうちに、なんだか、やわらかいと思って、打ち粉をしました。
その辺の感覚も、自分なりではあるが、前よりわかってきたかも。
クープの入れ方も、やっぱり難しいけど、前よりは自分の理想に近づいてきました。

大きさも、本と同じくらいにあったので、ふくらみは、いいほうなのかなと思うのですが、
断面に気泡が見当たりません。
今までもそうです。
本には、気泡ができたら大成功!!とあるでしょ。
まだ、大成功には、遠いようです。
[PR]
by mogoodmogood | 2008-09-17 12:20 | fumiさんパン

ホシノ天然酵母でプチパン

e0131672_12194377.jpg


ホシノ天然酵母で美味しく焼けるレシピを探しています。
今回は、cuocaのサイトの中で見つけたレシピに初挑戦!
砂糖、塩、生種と粉と水だけで作るこのパン。
一つ食べかけは、出来上がりを味見したもの。
あっさり素朴なパンという印象です。

天然酵母のよさってなんだろう?
粉の甘みが感じられるパンになること・・・?!
このことは、なんとなくわかってきました。
だから、シンプルなパンに向いているのかな?

一般的に美味しいパンって、ふわふわ柔らかいパン。もちろん、フランスパンやドイツパンのようなずっしりとしたパンが好みってのもあるけれど、子どもも喜んで食べてくれるパンは、甘くて、ふわふわのものが多いでしょ。
バターの値上がりと健康のことを気にしてか、最近そういうパンは、ご無沙汰なのですが、
ふわふわもっちりとしたパンが食べたい今日この頃。
ホシノで作れるそんなレシピをご存知の方、いたら教えてください!!
[PR]
by mogoodmogood | 2008-09-17 12:19 | ホシノ天然酵母

運動会のお弁当 2008

e0131672_7283862.jpg


この日は、息子の運動会。
2日前から仕込んだお稲荷さんをメインに今年のお弁当はこんな風になりました。

お稲荷さんを作るときに気をつけたのは、ご飯を入れすぎないこと。
ずいぶんと華奢な気もするけど、お弁当箱にジャストサイズ!
半分は、開いているほうを上に向けて、かにかま、きゅうり、いり卵をのせました。
他のおかずを記録しておきます。

・玉子焼き
・ポテトグラタン(地元のジャガイモ、とうきび、牛乳、我が家農園のえだまめ入り)
・とんかつ
・から揚げ(卵入りと卵なしの衣で)
・ポテトフライ
・セロリとイカくん和え
・ちくわにしそきゅうり梅巻きとチーズ巻き
・大根のガリはさみ漬け
・えだまめ(こちらは買ってきました)
・おにぎり

収穫の秋。お友達やご近所の畑からの頂き物をお弁当にもつかいました。
わが家の裏の小さな農園。こちらもからぼちぼち収穫中。
えだまめが片手に一つ分ほど収穫できました。
食べてみて、びっくり!甘い!味が濃くて、美味しいのです!!
とれたてって、素晴らしいと感動!
その後スーパーで買ってきた枝つきのものともやっぱり違いました。
今年はじめたばかりの猫の額よりはまあ広いですが、畳2まい分ぐらいの小さな農園。
同じ苗を植えても、お隣さんとの成長の差に愕然としながらも、収穫を楽しむことができました。
まだ収穫が期待できそうな大根、ニンジン、紫たまねぎなどもあります。
楽しみ!楽しみ!
この秋は、肥やしを入れて、来年も畑を楽しめるようにしたいなぁ。

さて、お弁当に話を戻して、運動会。
息子にとっては、2回目の運動会です。
昨年は、踊らず、棒立ちの連続だったのがうそのよう!
かっこよく踊ったり、走ったり・・・。
お昼にお弁当を食べたときにも、お稲荷さんにかぶりつき、おにぎり、パンとたくさん食べてくれました。役員だったお父さんも朝から準備に終われ、忙しく過ごした1日でしたが、
成長した息子の姿にを見ることができ、うれしさ満開の1日になりました。

お稲荷さんもなかなか好評で、ホッと一安心!また来年、息子の成長を楽しみに作りたいなあと思います。課題は、から揚げ。息子も旦那さんも大好きメニューなのですが、味付けといい、衣つけといい、求めている味とは、違ったようです。
買ってきたほうが、美味しい・・・。私もそう思います。
年に1度とは、言わずに、もう少し頻繁に作って、我が家の味を求めたいなあと思います。

ちなみに昨年のお弁当。
e0131672_11261676.jpg


去年よりは、残りが少なく、成長できたかな?
いや、お稲荷さんの数が、今年のほうが少なかったのね。なるほど。
[PR]
by mogoodmogood | 2008-09-14 07:28 | イベントごはん

運動会のお弁当にはお稲荷さん

e0131672_11373191.jpg


去年から始まった我が家の伝統。
運動会のお弁当のお稲荷さん。
皮をじっくり煮ています。
栗原はるみさんのレシピを参考に。
金曜日の晩に皮をに煮始めて、翌朝、煮汁を足して、もうひと煮込み。
ずいぶんとあめ色になりました。
時間をかけた分、愛着がわきます。
明日の朝、ご飯を詰めたら出来上がり。

去年もチャレンジしたお稲荷さん。
けっこう手間がかかるので、挑戦するのは、このときだけ。
手軽に買えるお稲荷さん。味のついた皮を買ってきても美味しいけれど、
運動会の思い出と一緒にこのお稲荷の味を覚えていてくれたらいいなぁ。
お母さんのお稲荷さんが食べたい!のちのち、そういわれたらいいなあと思いながら修行中です。

子ども旦那さんも大好きなから揚げ。お弁当の定番ですが、手作りは、めったにしません。
運動会は、特別!とんかつも揚げちゃいます!
ここぞというときのご馳走!!
どうか、美味しくできますように!!
[PR]
by mogoodmogood | 2008-09-13 11:37 | イベントごはん