<   2008年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

手ごねで くーぷトースト

e0131672_15473881.jpg


今日の朝、焼いたみかさんレシピの「くーぷトースト」。
実は、数日前にも挑戦しました。
手ごねでの挑戦は、初めてでした。
まず、計量で失敗!
水分が少なかったのです。
でも手ごねだから気づけたこと。
ずいぶんパサパサだなぁなんて思って、分量を確かめると、
1.5斤作っているのに、1斤分の水分量だったのです。
あわてて追加したときは、塊と水。
ひたすら捏ねるしかないと、台の上で格闘しました。
しかし、何とかなるものです。
くーぷトーストは、いつもより時間がかかるのに、さらに時間がかかった思い出深いパンになりました。

日を空けずにもう一度。
今回は、計量の失敗なくできました。
みかさんレシピの時間通りに工程が進み、これまでで一番いいできのくーぷトーストができたように思います。けっこう朝早かったので、1次発酵、2次発酵を待ちながら、仮眠。
それでも、タイマーで目覚めて、焼成までたどり着きました。

最近、手ごねでパンを焼いています。
機械離れできてきたのがうれしい!

このパンは、お世話になっているお友達へプレゼント。
それと、牛乳アレルギーでパンが食べられないといっていたおともだち親子へ。
食べてくれたかな?おいしかったかな?
[PR]
by mogoodmogood | 2008-03-31 16:06 | みかさんパン

カンパーニュ ふたたび

e0131672_15184691.jpg


すっぱかったカンパーニュをもう一度作ってみました。
クープは、前回よりも浅めに。
きれいな十字になった!と思ったら、
のびたかった酵母たちは、クープではなく、
こんなところで膨らんでしまいました。

e0131672_15453555.jpg

クープは、パンがふくらみすぎて裂けてしまうの防ぐ効果があるとのこと。
今回の場合、クープが浅すぎて、おしりからぱんが裂けてしまったということなのかしら・・・。

形は、ともかく、愛嬌のあるフォルムということにして、
味の方は、というと・・・

かすかな酸味がないとは言い切れませんが、
さらに酸味が薄れているように思いました。もッちりした感じ、私ごのみです。

その後も、リュスティックを焼いたのですが、それが、なかなかいい感じに焼けまして、
これについては、ほとんど酸味を感じませんでした。

すっぱくしてから、酵母のリフレッシュは、せずに、減るばかりだったのですが、
このレーズン酵母で、もっとパンが焼きたいと思い、
先日リフレッシュ。

酵母パンをおいしく焼くことは、まだまだ難しいけれど、
失敗の中から、パン作りを学んでいる私なのです。
[PR]
by mogoodmogood | 2008-03-22 15:16 | 自家製酵母

こどもと一緒にぱん作り

息子のおともだちが遊びに来てくれました。
4歳の息子とおともだち。6歳の男の子と女の子のお友達。
HBで、みかさんリッチ生地を捏ねて、1次発酵後の成形を子どもと一緒に楽しみました。

4人それぞれ、大人にはない、斬新な発想にびっくり!
ねんど遊びの感覚なのかも。

レーズンで目を作り、カブトムシの形を作る4歳の男の子。
ウインナーにハムをまいて、パン生地を包みながら、小さなパンをいくつも作る女の子。
レーズンを丸く並べ、ハムも小さくちぎって、ピザのような仕上がりの男の子。
わが息子は、4つに分割してあった記事にレーズンを混ぜ込み、ふと気づくと、彼の手には、大きな一つの塊が・・・。どうするの!!?と思ったら、それを、さらに小さく、ちぎって丸めはじめました。バラバラになるので、串に刺したら?といったら、だんこ剣ならぬ、だんごパン、いや、パン剣?!ウインナーもさしてみました。

豊かな発想と個性に驚いたパン作り、子どもたちもねんど遊びをしているかのように楽しそうでした。いいにおいがしてきた!とオーブンに集まってきた子どもたち!
出来上がりもおたのしみ!!

自分で作った焼きたてパン、ほおばるお顔もとってもかわいかったです!
みんなで食べるとなおさらのこと。
e0131672_3484587.jpg

e0131672_349104.jpg

私は、ツナのパンを少々。
それ以外は、子どもたちの作品!
みんなで楽しむパン作り。
もぐこぱん工房でやりたかったことが実現できた1日でした。
[PR]
by mogoodmogood | 2008-03-22 03:50 | こぱん教室

手ごねパン・ド・ミーその後

e0131672_238374.jpg
なんとか、6時15分起床。
コネから、約8時間。
2次発酵も1時間。
過発酵に注意して、早め、早めのパン作り。
今度は、発酵不足なのか、高さのないパン・ド・ミーができました。
さて、味の方は・・・・。

すっぱいカンパーニュほどでは、ないんだけど、
酸っぱい気がする・・・・。
今日、母に食べてもらったら、「酸っぱいってほどでもない、おいしいよ!」
とのことでしたが・・・・。
発酵不足かもしれないけれど、酵母パンの柔らかさは、健在!
上手にやけるようになりたいなあ・・・。

酵母が酸っぱくなってしまったのかしら?!
酸っぱくなってから、リフレッシュしたから、薄まったのかしら?!

パン・ド・ミーは、カンパーニュより糖分が多いし、バターも入るから、
酸っぱさが緩和されたの?!
根拠のない私の想像は、膨らむばかり。

酵母の方は、早めに消費したほうがいいのかも・・・と、
今晩もパンを仕込みました。
再びカンパーニュ。
ちょっと、はちみつを増やしてみました。
どんなパンができるかしら?!
様子をみながら、焼いてみます。

コメントを下さったみなさんありがとう!!!
本では知りえない情報をいただき、パンを作る意欲がもりもりわいています!
どうぞ、これからも、情報交換をお願いしますね!
[PR]
by mogoodmogood | 2008-03-22 02:38 | 自家製酵母

手ごねでパン・ド・ミー

e0131672_23524948.jpg

PM10時ちょっと前に、生地を仕込みました。
何度か作っているパン・ド・ミー。
前回のカンパーニュは、すっぱかった。
書き込んで下さったみなさん、ありがとう!!!
知らなかったことをいろいろ教えてもらいました!

前回すっぱかった原因として、考えられるのは、過発酵。
それは、1次発酵のときかもしれません。
前回よりも早く起きて、パンの発酵を止めなければ!!!
前回7時だったので、今回は、6時をめざしてます。

ただ、酵母を常温に放置しすぎたので、酵母自体がすっぱくなってしまったという可能性があります。今回も同じ酵母を使っています。
においですが、すっぱい香りがしないでもない・・・。
こんな風にすっぱくなってしまった酵母は、もう使えないのでしょうか?
またすっぱいパンになってしまうのでしょうか?!
明日、焼いてみたらわかるよね。
明日、がんばっておきるぞ!!
[PR]
by mogoodmogood | 2008-03-19 23:53 | 自家製酵母

自家製酵母で初!カンパーニュ 

e0131672_2137473.jpg


昨日、初めて手ごねで作ったカンパーニュ。
改めて、高橋さんの本に出ていたカンパーニュは、美しいなぁと再確認。
クープを十字に入れましたが、その深さが均等ではなかったので、
深く入れたクープが、メリメリと窯伸びを見せ、なんとも不恰好なパンになりました。
クープの入れ方によっても、パンの表情が変わるんだなあと実感。
特に、自家製酵母のパンは、自由に伸びる感じがするので、高橋雅子さんの本のような、美しいカンパーニュというのは、かなり高度なことのように感じました。

それと、気になっているのは、窯伸びのこと。
窯伸びをしたパンは、たくさん膨らんだのだから、いいのだと思っていたけど、
(先日のパンドミーは、窯伸びしなかったから、ふくらみが足りないのではないかと思っていた)
雅子さんのカンパーニュは、それほど窯伸びしていません。
ちなみに、昨日、人生の楽園で見たパン屋さんのカンパーニュもあまりクープが開いていなかったのです。
クープって、たくさん開いたほうがいいのかな???
窯伸びした方が、おいしいのかな???
また、はてなです。

見た目は、ともかく、愛嬌のあるフォルムだし、それは、よかったのですが、
味がこれまたびっくり!
なんと、すっぱいのです。
すっぱくなったのは、初めてなのです!!
これは、過発酵ということなのでしょうか?!

では、どの時点で?!
1次発酵は、9時間ぐらい。見た目は、以前パンドミーで試したときのようでした。
2次発酵は、1時間ほど。本では、45分。ちょっと長くしたのは、あまり大きさが変わらなかったから。

もしかしたら、違う問題もあるのかも。
てごねだったから、コネが足りないのかも。
酵母をリフレッシュさせるときに、常温で一晩放置したので、
酵母がすっぱくなってしまったのかも?
レシピは、砂糖が入らず、はちみつを少量入れるもの。こういう味なのかも?!

問題山積みの私のパン作り。
どこから、どうしたらいいのやら・・・・。

今日図書館で、島津睦子さんの「こねてたたいて焼きたてパン」という本を借りてきました。
以前、島津さんのパン作りの様子をテレビで見て、パン作りって、大変そう!!!という印象を受けたのでした。
早速読んでいますが、やっぱり難しそう。こねあがりの温度とか、水分とか、パン作りは、奥が深いのだなあと思いました。
でも、島津さんもいっているのは、何度も焼いて、体で覚えること。
私は、ぜんぜん初心者です。
これからもいろいろ焼いてみなくっちゃ!

まずは、このすっぱいカンパーニュを食べてから。
すっぱさは、ぶどうのような感じでもあるので、焼いて甘いジャムを塗るとか、
フレンチトーストにするとか・・・。
いろんな楽しみ方ができるのもパンの魅力!
早く焼きたいけど、大事に作ったパンを大事に食べてから、
次にチャレンジです。

e0131672_220984.jpg


断面は、こんな感じ。
大事にすると言えば、
一緒に写っているドライフラワー。
秋に植えたばかりのラベンダーをドライにしたものや、いただいた小さな花束のお花を自分でドライにしたものを寄せ集めて・・・。
お花もいろんな風に楽しめて、好きです。
雪解けが進んできました。
秋に植えた球根が出てくるのが待ち遠しい今日この頃です。
[PR]
by mogoodmogood | 2008-03-16 22:03 | 自家製酵母

初めての手ごねで、みかさんパン

パンを焼きはじめたのは、息子を妊娠した年。その息子は、もう4歳。
と言うわけで、パンを焼き始めて、5年近くたつのですが、
なんと、本日はじめて、手ごねのパン作りに挑戦しました。

HBを購入したことがきっかけでスタートした私のパン作りは、いつもHBだより。
初めのころは、お任せの食パン作り。
そして、にんじんを入れたり、豆乳を入れたり・・・創作食パン作り。
そのうち、生地作りから成型を楽しむようになりました。
そして出会ったのが、みかさんのパンの本。
わかりやすい分量とアレンジの楽しさで、パン作りがとっても楽しくなりました。
それでも、捏ねと1次発酵は、HBの生地コース。
成型のあと、2次発酵は、オーブンの発酵機能を利用していました。

というわけで、機械任せだった私のパン焼きですが、
今年になって、ずいぶんと変化しています。
体にやさしい、おいしいパンを!と思っていて、出会ったのが、高橋雅子さんの「ゆっくりイースト」の本。時間はかかっても、イーストが少ないということは、添加物が少ないわけで、しかも、実際に作ってみると、なんともいえず美味しくて・・・。
そして、このブログスタートのきっかけでもある高橋さんの「自家製酵母のパンづくり」。
まだまだまだまだわからないことだらけだけど、
イーストとは違う美味しさに惹かれつつあるのです。

やさしくて、おいしいパン。
このコンセプトのために、私が徐々に試していたことがもう一つあります。
それは、機械離れ。
まず、オーブンでの2次発酵をやめて、ちょっとあたたかい我が家の醗酵室(ボイラーの上)を見つけ、そこで発酵させることにしました。
続いて、1次発酵。ゆっくりイーストの常温&野菜室発酵をきっかけにHB任せるのは、捏ねる20分間だけになりました。

パンを捏ねるって、すごく、ハードルが高いように思っていたのです。
でも、おいしそうなブログのおうちパンたちに刺激され、
パンを身近につくれるようになりたいと思い
手ごねに挑戦しようと決意したのでした。
みかさんのパンのリッチ生地です。
休日のお昼に焼きたてパンのランチ!
いつも焼きたてが食べられない息子と旦那さんに食べてもらおうと作業開始!
我が家の人工大理石の調理台がついに本領発揮!!
捏ねる作業は、思いのほか楽しく、気持ちよく、面白かった!
発酵も、機械任せの時は、時間に任せていましたが、
今回は、生地の様子を見ながら1時間半くらいで、およそ2倍に。
みかさんの本を読み直しながら、生地をまるめ、あらためて気がついたことがたくさんありました。なんだか、いつもより手をかけたパンには、愛着がこもります。

どんなパンにしようか考えて、
食材とレシピと相談。
目に留まったのは、みかさん「ほんのり・・おうちパン」のブランチタイム。
熟れたバナナと生クリームがあるけれど、アーモンドパウダーがない。節分の落花生を発見!
これを粉にして、ピーナッツクリームにしてみては!
もう一つ、うずらの卵も、ミニトマトもないけど、大きい卵とトマトならあるし・・・!
ってなわけで、我が家のブランチタイムができました!

e0131672_03406.jpg


創作ピーナッツクリームは、どろどろピーナッツバター状態で、ギトギト。ひさびさにハイカロリーなパンでしたが、焼きたては、やっぱり美味しい!
家族も喜んでくれました。

さて、今宵、手ごねで自家製酵母のカンパーニュを仕込みました。
これは、かなりやさしいパンです。
無添加だし、機械も焼くときだけ。
しかも、初めてのカンパーニュ。
どうなるか、楽しみです!

きっと、このパンは、私が今できる最高にやさしいパン。

さらに目指すなら「石窯で焼く!」
今日見た人生の楽園にさっそく影響を受けました。
おいしいんだろうな・・・!
素敵なパン屋さんでした。
[PR]
by mogoodmogood | 2008-03-16 00:04 | みかさんパン

再び パン・ド・ミー

e0131672_22384791.jpg

自家製酵母「もぐ酵母2号」ができまして、
パンを2回焼きました。
パン・ド・ミーです。
写真はありませんが、1回目は、ふくらみがいまいち。
窯伸びしませんでした。
2回目がこの写真。
前回よりも窯伸びしましたが、
成型をていねいにやらなくちゃだめだなあと実感。
1斤用2つ分をHBで捏ねて、4分割。
計量せずに適当にしていったら、こんなに山に差が出ました!
蒔き方は、以前よりもゆるめに。

パンのブログを見ていて、
出来上がったばかりの酵母は、窯伸びしにくいと書かれているものがありました。
酵母って継ぎ足していくうちに安定してくるのでしょうか?
1回目のパン・ド・ミーのふくらみが悪かったのは、初めて使った酵母だからなのでしょうか?
それとも他にも原因が・・・?
?は、増えるばかりです。
[PR]
by mogoodmogood | 2008-03-13 22:41 | 自家製酵母

ふわふわヨーグルトパンケーキ

e0131672_22223992.jpg
休日の朝。
いつもよりのんびりできるお楽しみな朝です。
本日の朝ごはんは、
ヨーグルト入りのふわふわパンケーキ。
栗原はるみさんのレシピです。
朝から、ハンドミキサーを用意して、卵白を泡立てました。
欲張りな私は、カラメルクリームとチョコレートクリームの両方をかけて。
栄養は、偏っていますが、たまにはこんな日も。
お休みの朝だから特別です。

上にちょこんとのっているの緑のは、再生させたミツバ。
にんじんの葉っぱや、三つ葉を水で栽培して楽しんでいます。
[PR]
by mogoodmogood | 2008-03-08 22:22 | おやつ

ゆっくりイースト食パンでランチ

e0131672_2240370.jpg

昨夜、ゆっくりイーストの生地を仕込みました。
朝起きてからパン作り、午前中に焼きあがりました。
ヨーグルトの水切りをして蜂蜜をまぜたフロマージュ。
まだ残ってますカラメルクリーム。
昨年の夏に旅行をしたときに買ってきたぶどうジャム。
パンのおともを用意してのランチ。
1枚は、さめたぐらいのをそのままで。
もう一枚はトーストして楽しみました。
おともをいろいろつけて、時には、コラボ(ぶどうジャム&フロマージュ)しながら。
パンの楽しみは、無限です!

さて、今回の食パン。
生地をゆったり巻くことに気を使いました。
パンの伸ばし方にもコツがあるんですね。
真ん中から、上半分、再び、真ん中から下半分。
きれいな山型を目指すには、ていねいに作ることが大事なのかと気づきました。
今回は、分割の時、gをそろえてみました。
これも、失敗してわかったことですが、
綴じ目の裏表って大事ですね。
中央がくぼんでいるのは、綴じ目を下にして、生地をのばしてしまい、
結局綴じ目が上に出てしまったのです。

e0131672_22404714.jpg

e0131672_22414121.jpg


さて、2次発酵に1時間20分かけました。
(本では1時間でした。)
過発酵になるのも怖くて、型の半分ぐらいでしたが、焼いてしまいました。
発酵の見極めがわからない・・・。
本では、もう少し高さがあるなあ。
もっと、待ってみてもいいのかな・・・。

久しぶりのイーストパン。
ゆっくりイーストのパンもおいしいです。

もぐ酵母2号、そろそろ完成です!
今度は、カンパーニュも焼いてみたいな。
[PR]
by mogoodmogood | 2008-03-05 22:43 | ゆっくりイーストパン