カテゴリ:イーストぱん( 4 )

栗と大納言と胡桃のカンパーニュ

e0131672_2394775.jpg


茹でた栗をもらって中身を取り出してから、どうしようか、マロンクリームを作ろうか?などと考えていたのですが、やっぱりパンが作りたいと思って焼きました。
自分の食べたいものを入れて勝手にアレンジしたオリジナルレシピです。
今までの作り方より、パンチを入れたり、ベンチタイムや発酵時間を長くして、作ってみました。
レシピも初めてのものだし、比べようは、ないのですが、
食べていただいたお友達にも好評で、自分でも満足!
てごねをしている間に、大納言の甘納豆は、姿を消してしまったらしく、
豆やあんこが嫌だと言っている息子も、気付かずに食べてくれたようです。
さつまいも、かぼちゃ・・・・秋の味覚を入れたカンパーニュもいろいろ作ってみたいな。

しかし、講座に挑戦中の今、自己流のレシピを作っている場合ではないのです。
ただいま、テキストのホシノ天然酵母でつくる山食を作っています。
朝捏ねたので、焼き上がりは、これからです。
どんな風にできるか、楽しみです。
[PR]
by mogoodmogood | 2009-10-02 23:09 | イーストぱん

backe べーグル

e0131672_1249309.jpg


ママズカフェvol.8にのっていたBacke晶子さんのべーグルです。
最強力粉で作るべーグル。
310gの粉で4つ分。
食べ応え満点のべーグルです。

中には、とりハムとレタスキュウリ
小さいのには、クリームチーズとくるみ、はちみつ
もう1つには、あんことバナナを挟んでみました。
いろんな味を楽しみたくて、1つのべーグルを切り分けました。
出来立ては、ふかふか。
一人で食べるのが、もったいないくらいでした。

翌朝は、トーストして、具をサンド。
焼き立てには、かなわないけれど、トーストすると、香ばしさがアップしておいしかったです。
[PR]
by mogoodmogood | 2008-12-08 12:49 | イーストぱん

渋皮煮入りマロンロールパン

e0131672_13141357.jpg


日曜日のお昼につくりました。
せっかく作った渋皮煮ですが、我が家で食べるのは、私だけ。
栗を丸ごと食べられる贅沢気分は、十分に味わったので、今度は、これを使ってパンを作ってみました。
頂いた栗ジャムと一緒に、渋皮煮を小さく切ったものを巻き込んで、ココアをふり、渋皮ロールぱん。
生地は、牛乳が足りなかったので、卵を入れて何とかならないものかとやってみました。
水分が、はっきりわからなかったのですが、粉400グラムをこねて、牛乳200ccと卵L1個弱。(仕上げに塗る分をちょっとだけ残しておく)様子を見ながら、水を20~30ccほど追加しました。こねは、HBで。様子を見ながら、水を追加。
ちょうどよかったのかはわからないけど、何とか形になりました。
写真にはありませんが、同じ生地で、渋皮煮とあんこを入れた栗あんぱん、
ウインナーを巻きつけたウインナーパンも作りました。

さて、ランチの際、一番人気は、いうまでもなく、ウインナーパン。
一人1個しか当たらなかったので、あっという間になくなりました。
それから、息子と旦那さんが食べていたのは、渋皮ロールパン。
お腹がすいていたのか、他に食べるものはなかったからか、旦那さんは、3つも食べていました。普段は、栗ジャムも渋皮煮も食べないのに・・・。
よかったです。

渋皮煮は、残り5つ。
さて、どうやって食べようか、今週中に頂かないと、賞味期限との戦いウイークです。
[PR]
by mogoodmogood | 2008-10-19 13:14 | イーストぱん

白ぱん

e0131672_13443731.jpg


北の恵みでパン&スープ  という本から、
「白パン」を作りました。

このレシピは、バターではなく、ショートニングを使っています。
味の違いは、正直わからないけど、バターが品薄で、我が家の冷蔵庫にも乏しく作ってみることにしました。

本によって、イーストの入れ方も違うものです。
みかさんレシピでは、水分を入れてから、イーストを入れますが、
このレシピでは、イーストを入れてから水分を入れます。

こねていると、なんだか、やわらかい。
道産小麦だから、水分を多少減らしたのですが、まとまらない・・・。
そこで、禁断の?!打ち粉をすることにしました。
するとずいぶんまとまってきました。
「禁断」のというのは、本には、なるべく打ち粉をしないで・・・と書かれていることが多いのです。

季節によって、粉によって、水分が変わってくるパン作り。
今回、打ち粉をしようと思ったのは、手でこねていて、やわらかいと感じたから。
そして、やわらかいパンでの失敗を繰り返していたことが、この判断につながりました。
出来上がりは、本とは、ちょっと違いますが、なかなかのできでした。
HB頼りのパン作りがスタートだった私。
もっと、手ごねで、パン作りの感覚を覚えていきたいなあと思いました。

さて、このパン、成形にも難あり。
ブレッチェンのようにうっすら割れ目がつくはずだったのですが・・・。
とほほ。

さて、お味のほうは、やわらかく、食べやすく、
本にも書いてあるように、素直な味で、どんな料理とも相性抜群!とのこと。
シチューとか、煮込み料理に添えたいなあと思ったのでした。
[PR]
by mogoodmogood | 2008-05-12 13:44 | イーストぱん