パン講座② ハムチーズパンとコーンマヨパン

e0131672_2112529.jpg

e0131672_2112514.jpg


相変わらず写真が縦になってしまい見づらいですが・・・・。
今日は、ハムチーズぱんとコーンマヨパン、写真はありませんが、角食も焼きました。
友達と作っている「おうちぱんの会」。
これまでも一緒にパン作りを楽しんできた仲間です。
今日は、そのメンバーと一緒にパン作り&試食会。
仲間がいることは、とっても頼もしいです。
息子の面倒を見てくれたり、一緒に成形をしたり。
さまざまなおしゃべりを楽しみながら、パン談義も広がります。
何よりも一緒に焼き立てを味わえる時間が最高!
手作りのジャムや、ツナのテリーヌの差し入れも加わりました。
パンのおいしさや楽しさが、何倍にも広がります。

まだなれないレシピにドキドキでしたが、みなさんの協力あって、写真のように焼きあがりました。
DVDもそうなのですが、焼き色がちょっと薄い気がして、焼き時間をテキストより、5分延長しました。
それでも白っぽい焼き上がり。でも、生焼けというわけではないし、こういう仕上がりなのでしょう。

分割を手刀で行う方法は、初体験でした。なかなか楽しかったです。
コーンパンは、1つ15グラムと小さい成形で、びっくり。
膨らんで見ると小さいけれどかわいい感じのサイズに仕上がっていました。

これまでのパンと違うなあと感じることは、膨らみが大きいこと。
パンに伸びがあるのが、生地を触っていても感じます。
発酵時間が長いからか、材料のせいなのか、生地の配合のせいなのか、捏ね方が違うからか・・・
謎は、いっぱいで、パン作りの奥深さを感じるばかり。

2回目の挑戦の角食は、2次発酵を長くしすぎてしまい、焼きあがってみるとふたからパン生地がはみ出してしまっていました。最後まで気を抜かずに発酵の見極め、注意しなくちゃと感じました。

幼稚園から帰ってきた息子が、コーンパン2つをペロリ。
おいしそうに食べてくれるのが何よりです。
[PR]
by mogoodmogood | 2009-09-30 21:01 | パン講座
<< 栗と大納言と胡桃のカンパーニュ 手作りパン講座① >>